FC2ブログ
プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

トランサー 霊幻警察


悪霊によって不可解な事件が頻発する香港。そんな事件には特殊部門“2002”が捜査にあたっていた。この課には刑事ヤウ(ニコラス・ツェー)が人間としてただ一人配属されている。彼は強い霊感を持ち、その力を最大限に活用するためこの任務に就いたが、一方で心を通わせた人間を不幸にしてしまう運命も背負っていた。彼の相棒はかつてのパートナー、サム(サム・リー)の霊。ヤウのミスによって殉職してしまった後もヤウを支え続けていたが、輪廻転生によって人間に生まれ変わり、ヤウのもとを去る。やがて、新しい相棒として霊感の強い人間の警官フォン(スティーヴン・フォン)がやってくる…。

現代版”陰陽師”なニコ様が拝める映画。黒のロングコートで颯爽と悪霊退治するニコ様の美しさたるや…あわわわ(泡吹いた)。全編がニコ様のPVかと思うほど、最上級に美しいお姿ばっかりでした!どのシーンとってもニコ様が素敵すぎて、直視するのもやっとでしたよ(笑)でぃ、ディ、DVD…欲しいw
スティーヴン・フォンと同棲(?)するはめになるニコ様なのですが、爆眠している彼を起こしてびっくりさせようと、そこらへんにあった変なマスクをつけて起こすんですね。仕事の場ではいたってクールなのに、普段そんなことやろうとする時点でお茶目でかわいいんですけどw そしたらスティーヴンがあまりに驚いて、中身がニコ様だということもわからずバッコーン!!!と成敗してしまうんです。ダメージ受けて身動きとれなくなったニコ様。マスクの下からポタポタと鼻血がしたたり落ちつつも「放っといてくれ」と必死で懇願していたシーンがツボでした。香港映画らしい演出で結構、結構(笑)ニコ様のこういうコミカルなシーンも少々散りばめられているところもポイント高い映画ですねw
脇役たちもいいですね。ニコ様の後見人がロー・ガーインって…面白すぎるよ(笑)つるっぱげ頭にロングコート&グラサンのガーイン殿の姿は脳裏にこびりつきました。警官上司にリー・リクチーとか、病院の先生にヴィンセント・コクとか、星馳映画でよく見る人々のオンパレードでした(笑)
病院での子どもの霊のエピソードが心温まって好き。子どもの霊に優しく語り掛けるニコ様がいいんですよ。アクションシーンだとプールでの水霊との戦いかな。水もしたたるいい男ですよ、まさに…(ため息)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/105-f00b537c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。