プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ナルニア国物語 第1章 ライオンと魔女


第二次世界大戦下のイギリス。ペベンシー家の4人兄妹は、戦火を逃れ、田舎の屋敷に疎開する。ある日、かくれんぼの最中、末っ子のルーシーは空き部屋に大きな"衣装だんす"を見つけ、その扉を開くと…
扉の向こうは、真白な雪におおわれた夜の森だった!そこは、あらゆる想像を超えた別世界。魔法とふしぎな生きものたちが暮らすナルニア国だった。だが、神秘の扉の向こうでは、それ以上に驚くべき運命と冒険が4人を待ち受けているのだった。


前半が眠いけど、後半は入り込みました。前半はひたすら「はやくナルニア行けよ…」と思ってました(爆)そこまでが時間とるのよね。
主人公の4人の子ども達、前々から予告見て思ってたんだけど、あんまりかわいくないんだよね(また爆)だから気が入らなかったってのもある。【チャーリー~】の子ども達と比べちゃった。チャーリーと悪ガキ達はみんな個性的でかわいかったけど、ナルニアの子ども達はみんなのっぺりしててインパクトが薄い…。でも、後半、王として兄として責任感が増した長男ピーターがぐっと印象良くなりました。末っ子のルーシーはペコちゃんみたいですねw そんなルーシーと仲良くなる”フォーン”という種族のタムナス。【LOtR】のメリーかピピンかと思ったw 「タムナス」って名前が覚えられなくて、後半また出てきたときに「あ、田村さん。」と思ってしまったあちきはきっと眠かったんだ…。上半身は裸なんですけど、なぜか赤いマフラーをしていて「寒いんか暑いんか、どっちやねん!w」って思っちゃいました。
ライオンのアスランの堂々たる姿はCGと思えないですね。リーアム・ニーソンの声がぴったりで、まさに百獣の王の風格。あのフサフサなタテガミが、見るも無残な姿になってしまうシーンにはちょっと涙が出そうでした。きっと続編にも出てきそうなカリスマキャラですね。いつもはおだやかなアスランが、魔女にとどめを刺すシーンはさすがに怖かったですけど。「あ、やっぱりライオンだ…」ってその迫力にのけぞる。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/111-d006c6af
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。