プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マスター・アンド・コマンダー


ヨーロッパがナポレオンに席巻されつつある1805年、海の上でもフランス勢力は圧倒的優勢を誇っていた。劣勢のイギリス軍は、それまでに多くの兵士を失い、幼い少年たちまで徴兵しなければならない戦況に立たされている。そんな中、弱冠12歳の士官候補生ブレイクニーら数人の少年たちも兵士として軍艦サプライズ号に乗り込む。そして、伝説的な名艦長として名を馳せるジャック・オーブリー(ラッセル・クロウ)指揮のもと、フランス軍の武装船アケロン号の拿捕という重大任務に向かう乗組員たち。しかし、彼らの前には、大海原の脅威という試練も待ち構えていた…。

海の男たちって勇ましい。なんであんなにかっこいいんだろうねぇ。海に生死をかけてる姿がよく描かれてる映画だなと思いました。
でも若き士官候補生たちが命を落としていくのには、やっぱりやりきれない思いがありました。前途ある若者たちに、あまりに惜しすぎる死。なかでも、精神的な心労がつのって自ら海に飛び込んだ候補生がいましたが、あれはショッキングでした。人間的にまだあまりに弱すぎたんですね。あそこで耐えて成長してこそ、真の船乗りとして一人前になれたのに…。
キャストに触れておくと、…えっとラッセル・クロウは嫌いなのでスルーで(爆)プリングズ副艦長役のジェームズ・ダーシーは【ドット・ジ・アイ】に出演してた彼ですね。ドット・ジ・アイではイヤミな男を好演してましたが、こちらでは忠誠心あふれる副艦長っぷりが好感もてました。あと船医のポール・ベタニー。どうしてもガラパゴス諸島で探検したがる姿がかわいかった(笑)虫一匹渡してあんなに喜んだ顔する男も珍しいですw
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/117-716002f6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。