FC2ブログ
プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ダ・ヴィンチ・コード


世界中でベストセラーになっているダン・ブラウンの同名小説を映画化した超大作ミステリー。レオナルド・ダ・ヴィンチの名画に秘められた謎を解き明かしていく。
ルーヴル美術館の館長の死体が発見され、周りには不可解な暗号が残されていた。暗号の中には館長がその日、会うことになっていたハーヴァード大学のラングドン(トム・ハンクス)の名前が含まれ、疑いを掛けられたラングドンは現場に呼び出されるのだった…。


だめだー。お手上げだー。全然わっかんなかった~(T_T;)
あたしは原作読んでないですけど、それ以前に宗教知識の乏しさで歯が立ちません。原作だともっと細かく説明してくれてるんでしょうか。ぅあぁ…でもあんな長編を読み上げる根気はないよ(爆)
おまけに仕事終わりのレイトショーだったんで猛烈な眠気が襲ってきまして。あんまり映画見ながら寝るほうではないんですけど、今回は我慢できず…。トム・ハンクスとオドレイ・トトゥがイアン・マッケランのもとに転がり込んだあたりから、5分おきにこっくりこっくりでした。そこからの記憶はほとんど途切れ途切れ(苦笑)
そんなわけでたぶん全体の2割くらいしか把握できてないと思います。でも、もう1回見たいか?と言われれば、そーでもない(爆)その程度な感触でしたね。半年以上待ちに待ってたんだけどな…。
あたしはもっと”モナ・リザ”がキーになってくる映画だと思ってたんですけどそうじゃないんですね。な~んだ。
あ、ベタニーが出てくると起きました。緊迫したシーンになるんで効果音がデカくなるから(笑)起きるたびにベタニーがピストル持ってた気がw
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/129-f2b29573
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。