FC2ブログ
プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

星願-あなたにもういちど-


病院に住み込みで働く天涯孤独の青年・オニオン(リッチー・レン)は、子供の頃の事故が原因で目が見えず、言葉も話せない。しかし元気で明るい彼は病院内の人気者だ。中でも、一番優しく接してくれるのが看護婦のオータム(セシリア・チャン)だった。そんなある日、オニオンは交通事故で命を落としてしまうが、天国の計らいで5日間だけ現世に戻る事を許される。しかし、目も見え言葉も話せるが、顔形は別人に。オニオンは必死にオータムに自分の想いを伝えようとするが…。

星願のセシはすごく純粋でかわいいと前々からその評判を聞いてましたが、たしかにかわいかった。まだ顔が今より幼げでふっくらしてたのでよけいに、美人というよりかわいい感じだった。あたしのなかでセシは【喜劇王】の”肝っ玉のすわった女”って印象が強いんで、この映画のような純粋ナース姿は新鮮だったかな。
物語はベタな悲恋のゴーストものではありますが、オニオンとオータムがいい子たちだったので、思わずウルウルしてしまう場面もありました。5日後の別れのシーンで、オニオンがオータムのおでこに流星のしるしを指でなぞるところとか。
オニオン役のリッチー・レンは台湾のミュージシャンでこれが映画初だったとか(?)。岸谷吾朗に見えてしょうがなかったのですけど…w セシとの並びとしてはこのましい画づらじゃなかったな。なので思わず【ティラミス】のニコだったらしっくりきそうだよなぁ~と脳内変換しそうになりました(ティラミスでのニコは耳の不自由な青年役)。悲恋&ゴーストって点でもティラミスとかぶるよね。製作年でいうとティラミスのほうが後だから、こっちがパクったのか?(爆)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/131-a1e690e2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。