プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

乱歩地獄


怪奇ミステリーの巨人、江戸川乱歩の未映像化作品を映画化したオムニバス・ホラー。主演の浅野忠信、成宮寛貴、松田龍平はじめ豪華キャストが集結。『火星の運河』『鏡地獄』『芋虫』『蟲』の4作品を、新旧多彩な監督陣が個性溢れる鮮烈なヴィジュアルで描き出し、新たな乱歩ワールドを展開する。

いきなり無声ではじまる『火星の運河』。モノローグから不気味なイメージを脳裏に刻みます。
『鏡地獄』はナルシズムと映倫ギリギリの描写にたじろいでしまう作品でしたが、この作品がストーリー的にはいちばんわかりやすい。成宮くんの怪演がおそろしいくらいでした。
『芋虫』。これは人としての道を完全に踏みはずした、気がふれた世界感ですね。妻の異常な愛がどんどんエスカレートしていく様がこわかった。「芋虫2つ連れてどこへ行く…」というフレーズが後味をさらに残すような。
『蟲』はあえてポップな色調で面白おかしさを取り入れてますが、これもよく考えたらこわい話ですよ。浅野さんの演技あっての救いようがあるけど。そして緒川たまきはやはり美しい。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/174-9947ba37
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。