プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

恋の門


石で漫画を描き“漫画芸術家”を自称するモテない貧乏青年、蒼木門(松田龍平)。彼はひょんなことからOLの証恋乃(酒井若菜)と知り合い、その夜一緒に彼女のマンションへと向かう。しかし恋乃の正体は狂信的なコスプレイヤーで、しかもコミケではかなりの人気を誇る同人誌漫画家。門を自分が扮する格ゲー・キャラクターの相手役に仕立てようとしていた。同じ漫画家でありながらあまりに対照的な恋乃にショックを受け逃げ帰る門。そんな門を恋乃は互いをもっと知るきっかけにと、アニメソング界の人気者、阿部セイキのファンの集い一泊ツアーに誘うのだったが…。

ああぁぁぁああ~~~なんかもうえらいこっちゃ。アホ過ぎてアホ過ぎてほっとけない面白さ(笑)くせになる。
とにかく門のキャラがすごい。龍平、こんな役もやればできるやんw 「石ぃ~~っ!」と石を見れば飛びついていく、石への尋常ではない愛が彼のイタさを物語っている。一方、コスプレ&コミケに明け暮れる恋乃。恋乃もかなりイタいんだけど、こちらもほっとけないほどカワイイ!コスプレをかるがる着こなす若菜の自然さもすごい。ごろニャン声から急速に冷静にトーンダウンする話し方もうますぎ。
ただでさえ主演2人がイタキャラなのに、周りをとりまくすべての人間がイタい(爆笑)平泉成と大竹しのぶ演じる恋乃の両親までコスプレイヤーときたら、こっちは腹抱えて笑うしかない。なんだそのアフロは!なんだそのメーテルは!と。「昔はたけのこ族と張り合ったものよ。ホコ天を…血に染めて…。」と思いを巡らす大竹しのぶ。そして「恋ッピを泣かせたな~!」と怒る平泉成の強烈パンチに真横にふっとぶ龍平。最高であります。
そしてさらにスゴい格好してたのが小日向さん!なんだそのSM!(爆)見てはいけないような世界をのぞいてしまった気がしますよ…。
門の住んでるアパートの住人もわけわかんなくて良かったです。恋乃が持ってきた差し入れの入った袋をじわじわと画面隅で棒で録ろうとしてたシーンがこまかすぎてウケた。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/177-fe103d39
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。