プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

デイジー


画家の卵、ヘヨン(チョン・ジヒョン)は、デイジーの花を贈り続ける名前も顔も知らない男性(チョン・ウソン)を想い続けていた。そんなある日、広場で肖像画を描くヘヨンの前に客として現われジョンウ(イ・ソンジェ)。ヘヨンは、彼こそ彼女が想い続けてきた運命の相手と確信するが…。

韓国映画はあんまり好んで見ないんですけど。ジヒョンちゃんは好きなんで見ちゃうんですよね。飾り気がなくて茶目っけがあって、でもすっごくアジアンビューティーで、好感度高い。この映画でもジヒョンちゃんはすごく魅力的でした。
オランダという異国の地ということもあってか、全編スタイリッシュ。監督アンドリュー・ラウのセンスが垣間見れます。そして消しゴムの人こと、チョン・ウソン…確かに素敵だ。美男美女が画面に映えた作品でしたね。ストーリーもサスペンスな要素が効いてて、あたしは結構好きな作品。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/181-2cc9bdd9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。