FC2ブログ
プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パッチギ!


1968年の京都。東高校2年の松山康介(塩谷瞬)はある日、先生から指示を受け、常日頃争いの絶えない朝鮮高校へ親善サッカーの試合を申し込みに行く。恐る恐る朝鮮高を訪れた康介は、フルートを吹くキョンジャ(沢尻エリカ)という女生徒に一目惚れし。間もなく彼女の兄が朝鮮高の番長アンソン(高岡蒼佑)であることも知る康介。それでも彼はキョンジャと仲良くなるため、楽器店で知り合った坂崎(オダギリジョー)からキョンジャが演奏していた“イムジン河”という曲を習い、彼女の前でギターで弾こうと決意するのだが…。

井筒監督、やるやん…。めちゃいい映画じゃないですか。見たほうがいいですこれは。ぜひともオススメしたい作品です。痛快なテンポで展開するストーリーの中で、日本と朝鮮の歴史の溝を観客に問いかけてみせてる。笑いあり涙あり、そして何よりも考えさせられる映画でした。「近くて遠い国」=「朝鮮」。こんなに隣国であっても、知らないことが多すぎるなぁと痛感しました。
イムジン河という曲がこの映画の大きなテーマの部分ですね。朝鮮半島を南北に分断する河。ラジオ局で康介が涙まじりに歌ったシーンが印象的でした。どんなに朝鮮のことを理解しようとしても、所詮自分は日本人。超えられない”人種”という壁がそこには絶対的にある。それでも何らかの形で分かり合えるんじゃないか、その答えを探そうとする康介の気持ちが痛いほど込められてました。
坂崎の歌ってた曲(タイトル忘れた…)も効果的に使われてましたね。康介が橋で自分のギターを壊すシーンのバックで流れてたあの切ない曲。あれを聞くとギリジョーって歌うまいんだなと思いましたw ちなみにギリジョー演じる坂崎という役はアルフィーの坂崎幸之助がモデルだそうです。
あと、アンソン役の高岡蒼佑の演技がなかなか良かったと思います。この映画のタイトル”パッチギ”っていうのは朝鮮語で”頭突き”っていう意味らしいですが、それこそアンソンはパッチギな毎日ですからね。メンチきってケンカ三昧。まさに井筒作品的ニオイがぷんぷんする役ですけどがんばって演じてた感があります。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/87-d4f2671b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。