FC2ブログ
プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

セブンソード


1660年、清王朝建国後の中国。満州人の清朝は漢族の明朝の滅亡を図り、“禁武令”を発して武術の覚えある者を次々と死罪に処していった。清朝の冷酷無比な圧政にかつて明朝で処刑人を務めていた武術の達人・傳青主が立ち上がる。彼は青年剣士の韓志邦と女侠の武元英を伴い、伝説の刀匠・晴明大師が住むという”天山”へと向かう。傳青主の救援の要請に応え、晴明大師は4人の偉大な弟子、楚昭南、楊曇、穆郎、辛龍子を特別な七つの剣とともに送り出す。こうして、4人の弟子に傅青主ら3人を加えた“七剣”が誕生、清軍に戦いを挑むのだった。

公開当時”【HERO】【LOVERS】に続く武侠大作”って触れ込みで宣伝されれたけど、監督が違うっつーのよね(苦笑)前述2作はチャン・イーモウ監督、これはツイ・ハーク監督です。明らかに映像からして違います。土臭い感じですもん、この映画は。映像美ではないですよね。
結局は7つの聖剣について語りたいはずなのに、剣へのエピソードが足りないです。ほとんど理解できませんでした。そして、登場人物が多すぎるのが痛かった。ドニー・イェン、谷原章介…もといレオン・ライ(激似)以外はそこまで有名なキャストが出ていないので、顔が覚えられない。村人と剣士の区別がなかなかつきませんでした(爆)悪役たちは顔にペインティングしてあったり、いかにも悪そうな甲冑着てたりと、そこは判別しやすけったですけど。まぁ、安易な目安でした(笑)
ストーリーのところどころに”LOVE”を入れたがってるようでしたが、うまく取り込めてなくて話が散漫になってる気がしました。こっちとしては、誰が誰やら頭で整理がついてないのに、勝手にちちくり合われてもついていけませんよ(苦笑)
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/94-2b6dd49a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。