FC2ブログ
プロフィール

まみ

Author:まみ
暇さえあれば映画映画映画。

本館『 Bliss Room 』

ブログ検索

最近の記事

カテゴリー

最近のコメント

最近のトラックバック

過去ログ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

Cinema diary
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小さな中国のお針子


1971年文革の嵐が吹き荒れる中国。マー(リウ・イェ)とルオ(チュン・コン)は医者を親に持つことから、反革命分子の子として再教育のために奥深い山村へ送り込まれた。彼らはそこで過酷な労働を強いられる。ある日2人は美しい少女、お針子(ジョウ・シュン)に出会う。ルオはお針子に一目惚れ。彼らは、同じ再教育で来ている若者が禁書である西洋本を大量に隠し持っていることを知りそれを盗み出す。そして、文盲のお針子に毎夜読み聞かせてあげるのだった。秘密を共有することで結びつきを強める3人。そしてお針子は西洋文学が語る自由に次第に目覚めていく…。

無極祭→さっそくリウ・イェ祭りですよw
朴訥とした役がほんとに似合いますね、彼は。セリフが少なくても目で語ることができる俳優。あの子犬目がトニしゃんに似てるんだな。たまに少年っぽく笑う瞬間とか、いじけて元気のない顔した瞬間に、「か~んわい~~いっ!」ってもってかれそうになります(汗)
お針子はマーじゃなくてルオを選びますけどね。絶対マーの方がかわいいのにさ。ちぇっ。ルオが父の病気のために都会へ出てったときに、マーが少しくらいお針子に手を出すかと思ったんですけど全然そんなそぶりもなかった。ダメ男やな…。いざというときに押し倒してでも親友からお針子を奪ってしまおう、とか頭をよぎらなかったのかしら?ま、そのウブなところがかわいいんだけども~(壊)
村長の虫歯治療がものすごい荒業。ミシンの動力を使ってドリルって…。見てるこっちが痛いわ(笑)何もない山奥だから、不便なのはわかるけどさ。
スポンサーサイト

この記事に対するコメント

この記事に対するコメントの投稿














管理者にだけ表示を許可する


この記事に対するトラックバック
トラックバックURL
→http://wonka.blog23.fc2.com/tb.php/97-54d6071b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。